MECOM

セキュリティを強化する

UTM(統合脅威管理)

UTMとは「Unified Threat Management」の略称で、複数の重要なセキュリティ機能を1つのハードウェアに統合し、 集中的にネットワークを管理します。
統合脅威管理とも呼ばれています。インターネットの出入口に設置し、社内のネットワーク全体に効果を発揮します。

  • 外部からの攻撃、内部からの漏洩に備え、セキュリティを強化します
  • 複数の機能が1つに統合されているため、管理運用コストを削減できます
  • 月次レポート発行で、脅威からの防御状況を手間をかけずに把握できます
イメージ

セキュリティスイッチ

UTMとは防御の範囲が異なり、社内ネットワークの特定部を監視します。
標的型攻撃などの脅威を検知し、遮断することでウイルス拡散を防止します。

  • ネットワーク内の不正な通信をブロックし、ウイルスの二次感染を防止します
  • 危険な通信のみを排除するため、業務が止まらず、管理者通報も同時に行います
  • 機密データやIP電話の通話データを搾取する盗聴も阻止します
イメージ

ログ管理システム

日々のPC操作ログを管理します。
膨大なデータから必要な情報を抽出することで、「いつ」「誰が」「何をしたのか」を正確に把握できます。

  • クラウド上にバックアップし、災害対策やデータ長期保存を実現します
  • バックアップ運用の簡易化、運用コストの低減を図ります
  • ヒューマンエラーで誤消去してしまったデータも復元できます
イメージ

アクセス・デバイス制御

USBメモリやCD、スマートフォンなどのデバイス接続を制御し、禁止デバイスが接続されたときは、ユーザーに接続禁止通知を表示させます。
公衆無線LANやBluetoothなど、社外での通信デバイス制御も可能です。

  • 内部不正の抑止力として機能させ、情報漏洩を防止します
  • デバイスごとに詳細な条件づけをすることで、用途に即した運用が可能です
  • デバイスだけでなく、ファイルベースでのアクセス制御も可能です
イメージ

防犯・監視カメラ

オフィスの安全管理や状況確認など幅広いシーンで活用できます。
動きを感知した時だけ録画し、アラートを出すなど様々な設定が可能です。

  • オフィス入退出の記録を残したり、不正・犯罪行為など抑止、牽制にもつながります
  • 来店人数や人物属性を読み取ることで、マーケティングにも活用できます
  • 工場など生産現場をモニタリングし、作業プロセスを改善できます
イメージ

入退室管理システム

電気錠・生体認証などの仕組みによって入退室者を管理します。
扉の開閉制御だけでなく、入退履歴の管理も可能です。ICカードなど既存の認証ツールを活用することもできます。

  • 部外者の侵入を防ぐことで、情報漏洩のリスクを低減します
  • 勤怠管理システムとの連携で労務管理の効率化を実現します
イメージ